YOSHIKI × 受賞 の噂検証

YOSHIKI×受賞に関する噂

YOSHIKI
iw3.nikkansports.c...
YOSHIKI(X_JAPANのメンバー、Globeのメンバー)の日々の成果はファンが知るところではありますが、公に表彰されたことなどはあるのでしょうか。

YOSHIKI受賞2017年12月11日 更新

「受賞」×「 YOSHIKI 」の噂ですね…世の中には様々な都市伝説やただの噂というものが沢山あります。
一方で火のないところに煙は立たないとも言いますので、 YOSHIKI のこと、「受賞」のこと、きちんと調べてから語りたいですね。

まず、YOSHIKIについてのwikipediaのページを確認しましょう。

Wikipedia上のYOSHIKIと「受賞」

1982年の夏、大学受験に専念するメンバーが離脱したNOISEを解散。当時アイアン・メイデンのアルバム『鋼鉄の処女』や『キラーズ』に感化されていたYOSHIKIは、ボーカルに転向したToshlと他校の生徒によるツインリードギター編成で、よりハードなロックを指向したバンド「X」(現在のX JAPAN)を新たに結成する。Xでは既存の楽曲の演奏だけでなくオリジナル楽曲の作曲も始め、演奏のレパートリーを着実に増やしていった。YOSHIKIがXのために初めて作曲した楽曲「ILL KILL YOU」は、1985年にXの1作目のシングルとしてリリースされている。高校3年から音楽大学を目指して本格的にピアノに打ち込み、受験用のプログラムを通して、ソルフェージュ、和声、楽典などの音楽理論を学んだ。受験勉強の合間にはXとしていくつかのバンド・コンテストに出場。ヤマハ主催のアマチュアのバンド・コンテスト『EastWest』の千葉県大会ではバンドとしての受賞こそ逃したものの、個人でベスト・ドラマー賞を受賞した。Toshlもまた、その後に参加したコンテストでベスト・ボーカル賞を受賞していた。このことにバンドとしての可能性に自信を深めていたToshlは、大学に進学せず東京でバンドを続ける決意を固めたことをYOSHIKIに告げる。YOSHIKIもこれに呼応して、推薦入学が決まっていた音楽大学への道を断つ決心をした。

Xのレコードをリリースするため、1986年にインディーズのレコード会社「エクスタシーレコード」を設立。1988年にエクスタシーレコードからリリースしたXの1作目のアルバム『Vanishing Vision』はオリコンの週間チャートで最高19位を記録し、インディーズ・レーベルの作品として日本のメジャー・チャートにランクインした初めてのアルバムとなった。翌1989年にXの2作目のアルバム『BLUE BLOOD』でCBSソニーからメジャー・デビュー。年末には日本有線大賞の最優秀新人賞、全日本有線放送大賞の最優秀新人賞、第4回日本ゴールドディスク大賞の最優秀新人賞などを受賞した。X JAPANの1993年のアルバム『ART OF LIFE』からはバンドのプロデューサーも担っている。

1991年の10月31日にTMNの小室哲哉とともに記者会見を開き、2人で新ユニット「V2」を結成することを発表。12月5日に東京ベイNKホールでV2のコンサート『V2 SPECIAL LIVE VERGINITY』を開催した。同年、初のソロ名義作として、自身の選曲によるクラシック音楽のコンピレーション・アルバム『Yoshiki Selection』を12月12日に発表。このアルバムは第6回日本ゴールドディスク大賞で洋楽アルバム賞(クラシック部門)を受賞した。

なるほどーって感じですね。

次に、YOSHIKIと受賞の関係を各メディアの記事から調べましたので、見てみましょう。

メディアで取り上げるYOSHIKIと「受賞」

YOSHIKIは受賞者の『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 作曲家のマイケル・ダナ(Michael Danna)にトロフィーを贈呈、 ... 訳:世界的に名高いミュージシャンであるYOSHIKIさんにゴールデングローブ賞のテーマ曲を作曲していただき、 ...

ここで当サイトの人工知能の分析した、YOSHIKIと受賞の関連度・注目度を見てみましょう。

人工知能の分析結果

KillyのAI
エーアイちゃん
YOSHIKI受賞の噂の話題度は 33% 、みんなの関心度は 3% ですので、YOSHIKIのイメージ先行でそのような話が出ただけで、噂になっているとまでは言えない状況のようです。

YOSHIKIと受賞の噂についてのアンケート

「YOSHIKI」×「受賞」って…

投票して結果を見る

YOSHIKIとあなたの…

「今」誰かが見てる噂