村上龍の噂・評判

村上龍に関わる噂や評判、印象データをまとめています。

村上龍に対する評価・印象は、1位 実力派(36%)、2位 話題(29%)、3位 愛すべき(17%)、4位 賢い(9%)、5位 憧れ(5%)であると考えられます。(参考データポイント:152)

村上龍の噂の注目度ランキング1位は「事務所」、2位は「子供」、3位は「愛人」で、日経、文春等のメディアで記事とされています。

村上龍の評判と印象

村上龍の注目の噂

村上龍の基本情報

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督。長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。
自身の小説を元に映画製作も行なう。1999年より、日本の金融・政治経済関連の問題を考えるメールマガジン『JMM』を主宰、以後、暗部に潜む政治経済関連の問題など時事報道に対してコメントするなど、文壇以外の世界にも積極的に関わっている。

1952年生日本の小説家日本の映画監督村上龍武蔵野美術大学出身の人物芥川賞受賞者谷崎潤一郎賞受賞者長崎県出身の人物活発向こう見ず

「今」誰かが見てる噂

好きな芸能人を応援して、好きなLINEスタンプ10個をもらおう

芸能人の噂・評判データが豊富なkilly.jpは、テレビ・CM・イベントのキャスティングの際に参考にされています。
彼らに、あなたの大好きな芸能人を推薦しませんか?
あなたが好きな芸能人の活躍の場が増えるかも!?

今なら抽選でLINEスタンプが貰えるキャンペーン実施中!(LINEアカウントをお持ちの方のみ)

応募する