山中伸弥 × 成功 の噂検証

山中伸弥×成功に関する噂

山中伸弥
www.zakzak.co.jp/s...
山中伸弥成功の噂、ウソなのでしょうか、本当なのでしょうか。

山中伸弥成功2017年02月13日 更新

山中伸弥と「成功」の噂…これ、山中伸弥のファンで無くても聞いたことあるような気もするのですが、どうなんでしょう。
とにかく「成功」について調べずに印象で山中伸弥について無責任に話すわけには行きませんので、調べてみましょう。
山中伸弥と「成功」を扱った色んな記事が見つかれば、今まで知らなかったことも分かるかもしれません。

山中伸弥と「成功」を結びつけるキーワードとして「報告」・「論文」・「作成」・「マウス」・「皮膚」・「ヒト」あたりが有ったはずです。

まず、山中伸弥についてのwikipediaのページを確認しましょう。

Wikipedia上の山中伸弥と「成功」

2003年から科学技術振興機構の支援を受け、5年間で3億円の研究費を得て、研究に従事。研究費支給の審査の面接をした岸本忠三は「うまくいくはずがないと思ったが、迫力に感心した。」という。奈良先端科学技術大学院大学でiPS細胞の開発に成功し、2004年(平成16年)に京都大学へ移った。2007年8月からはカリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員を兼務、同研究所に構えた研究室と日本を月に1度は往復して、研究を行う。

:2006年にセルに掲載された論文。マウスの細胞から多能性幹細胞を作成することに成功したことを報告したもの。2012年のノーベル賞受賞の直接のきっかけとなった論文。細胞分化の過程が一方向性ではなく、逆戻りが可能な過程であること、すなわち細胞が多能性を持っていることを実証した報告。セルは(遅延型の)オープンアクセス雑誌なので、リンク先で論文全文を読むことができる。京都大学の機関リポジトリ「KURENAI」でも当論文本文のコピーが公開されている(

:2007年にセルに掲載された論文。上記のマウスで成功した方法を、ヒトに応用し、成功したことを報告したもの。成人のヒトの皮膚の細胞から多能性幹細胞を作成することに成功したことを報告した。この報告はヒトにおける再生医療(自分の体の一部から移植用の臓器を作成する、すなわち皮膚から肝臓を作成する等)の具体的実現可能性を示した報告として、社会的にも大きい注目を浴びる。

なるほどーって感じですね。

次に、山中伸弥と成功の関係を各メディアの記事から調べましたので、見てみましょう。

メディアで取り上げる山中伸弥と「成功」

山中伸弥 京都大iPS細胞研究所長 iPS細胞という技術は、2006年にマウスで、そして07年に人間でできた比較的新しい技術です。ネズミや人間の皮膚細胞、または血液細胞を採ってきて、四つの遺伝子を導入すると、1か月くらいして、iPS ...

ここで当サイトの人工知能の分析した、山中伸弥と成功の関連度・注目度を見てみましょう。

人工知能の分析結果

KillyのAI
エーアイちゃん
山中伸弥成功の噂の話題度は 90% 、みんなの関心度は 26% ですので、当然噂になる状態と言えそうです。噂の内容については「成功」と山中伸弥を調べた記事が既にあるはずなので、チェックをするのが良いでしょう。

山中伸弥と成功の噂についてのアンケート

「山中伸弥」×「成功」って…

投票して結果を見る

山中伸弥とあなたの…

「今」誰かが見てる噂

好きな芸能人を応援して、好きなLINEスタンプ10個をもらおう

芸能人の噂・評判データが豊富なkilly.jpは、テレビ・CM・イベントのキャスティングの際に参考にされています。
彼らに、あなたの大好きな芸能人を推薦しませんか?
あなたが好きな芸能人の活躍の場が増えるかも!?

今なら抽選でLINEスタンプが貰えるキャンペーン実施中!(LINEアカウントをお持ちの方のみ)

応募する