佐田の山晋松 × 引退 の噂って!?

佐田の山晋松×引退に関する噂

佐田の山晋松引退の噂、ウソなのでしょうか、本当なのでしょうか。

佐田の山晋松引退2018年01月14日 更新

「引退」の噂は有名人なら多少はされることがある噂。ましては 佐田の山晋松 であればなおさらです。
とは言え、無責任に 佐田の山晋松 の名を貶めたりしてはいけません。
責任あるメディアでどうやって報道されているか等をチェックしてから語りたいものですね。

佐田の山晋松 と「引退」と言えばたしか、「横綱昇進」・「大鵬」・「同年」・「大関」・「出羽海部屋」・「闘志」・「出羽海一門」の話だったんじゃないでしょうか。少し自信ないです…。

まず、佐田の山晋松についてのwikipediaのページを確認しましょう。

Wikipedia上の佐田の山晋松と「引退」

佐田の山は平幕優勝を果たしたことで一気に平幕上位へ番付を上げ、小結を通り越して同年9月場所で関脇へ昇進、1962年3月場所はその関脇で13勝2敗の好成績を収めた。この場所は過去に5度対戦して全敗している横綱・大鵬との優勝決定戦に臨み、見事勝利して2度目の幕内最高優勝を果たすと同時に、場所後の大関昇進を決定的にした。同年5月場所では初めて本割で大鵬を撃破し、13勝2敗の好成績を収めた。出羽海部屋の大先輩である出羽錦は佐田の山を厳しく熱心に指導し、「晋松(佐田の山)が綱を取ったら、ワシが太刀を持つからそれまでは引退しない」と言って佐田の山の横綱昇進を心待ちにしていたが間に合わず、1964年9月場所で引退した。大先輩の引退を受けてより早期の横綱昇進を目指す佐田の山は一層稽古に励み、同年9月場所から3場所連続で13勝2敗、1965年1月場所には3度目の幕内最高優勝を達成して横綱に推挙された。長年に渡って「平幕優勝した力士は横綱や大関に昇進できない」というジンクスが存在していたが、佐田の山によって見事に打ち砕かれた。

横綱昇進後は1965年5月場所で14勝1敗で4度目の優勝を果たしてからは2年以上に渡って優勝から遠のいていた。それでもひたむきに土俵に立ち続け、1967年11月場所では12勝3敗で5度目の優勝、1968年1月場所では13勝2敗で連覇を果たした。ところが、同年3月場所で序盤に3敗を喫するとあっさり現役引退を発表した。まだ30歳になったばかりで悲願だった連覇を達成した直後だったことから周囲に激震が走り、「高見山大五郎(前頭4枚目)に金星を献上したことが悔しかったのではないか」という憶測まで流れたが、佐田の山自身は「弟弟子である北の富士勝昭(大関)に敗れて初優勝を許した時点(1967年3月場所)で(引退を)考えていた」という。戦前に栃木山守也・常ノ花寛市といった出羽海部屋の名横綱に見られた「引き際の潔さ」という伝統を受け継いだとも言われた。

同年6月に行われた引退相撲では、直近の5月場所に大鵬と柏戸剛の両横綱が休場したことも受けて、同部屋の福の花孝一を露払いに、海乃山勇を太刀持ちに従えて最後の横綱土俵入りを行った。引退相撲における横綱土俵入りは現役横綱が露払い・太刀持ちを務めることが通例(2003年の貴乃花光司以降、大関以下の現役力士が務める場合も増えた)だった当時としては異例の組合せだった。

なるほどーって感じですね。

次に、佐田の山晋松と引退の関係を各メディアの記事から調べましたので、見てみましょう。

メディアで取り上げる佐田の山晋松と「引退」

大相撲の第50代横綱・佐田の山で、引退後は日本相撲協会理事長を務めた元境川親方の市川晋松(いちかわ・しんまつ)さん ... 【現役時代の雄姿】第50代横綱、佐田の山 晋松 ... だが翌春場所で5日目に3敗目を喫すると6日目に引退した。...訃報:元横綱 佐田の山 79歳=元相撲協会理事長 - 毎日新聞https:

ここで当サイトの人工知能の分析した、佐田の山晋松と引退の関連度・注目度を見てみましょう。

人工知能の分析結果

KillyのAI
エーアイちゃん
佐田の山晋松引退の噂の話題度は 36% 、みんなの関心度は 35% ですので、佐田の山晋松について、一般人が「引退」の噂をしてしまうような言説はあるかもしれませんが、ニュースバリュー・裏付けのいずれかが足りなさそうです。

佐田の山晋松と引退の噂についてのアンケート

「佐田の山晋松」×「引退」って…

投票して結果を見る

佐田の山晋松とあなたの…

「今」誰かが見てる噂